【花嫁美容】先輩花嫁が伝授!プロに頼むべきだった美容と、セルフで十分だった美容まとめ(経験・失敗談)

beauty
スポンサーリンク

結婚式までの準備として最重要項目である花嫁の美容。お金をかければそれなりに綺麗になれそうだけど、結婚式費用はバカにならないし、家でやれるものなら安く家で済ませたい。3年間エステに月1で通い続け、ブライダルエステも経験した筆者が、「これはエステでやってもらわなくても良かったかも・・・」「これはプロじゃないと無理だから頼んで良かった!」という経験談をみなさんにご紹介します!

スポンサーリンク

ぶっちゃけこれは家で十分!と思った美容3選+α

美白パック・酵素パック・炭酸パックなどのパック系

エステでやってもらえるパックはたくさんの種類がありますが、代表で3つ挙げてみました。これらのパックを1回してもらうだけでエステでは5000円〜費用がかかりますが、ドラッグストアで購入できるパックと美容液、さらにある家電を購入すれば、自宅で何回も、毎日やることができるのです。オススメのやり方を紹介します。

まず準備するもの(ドラッグストアなどで購入可)一つ目は大容量パック。

フィット感・量・価格ともにパーフェクト。さらに安いものもありますが、1枚のパックに含まれている水分量が安いものだと少なすぎ、すぐに顔から剥がれ落ちてしまいます。剥がれ落ちるイコール、ほぼパックに水分が残っていないため浸透したかと思いきや、水分は浸透圧の関係で水分量が少ない箇所に移動するので、乾いたパックに肌の水分が持って行かれてしまうためあまり安くて薄いパックを使用するのは考えもの。程よい厚さと滴るくらいの水分量のパックを贅沢に使用することがオススメです。

パックをする前に高濃度ビタミンC美容液を導入することで自宅で簡単ビタミンCパック!

重要なのはパックする前の、すっぴん肌(洗顔後すぐの肌)に初めて入れ込むブースター的美容液の種類。これによってただのパックがビタミンCパックになったり、美肌パックになったり。自分の肌に入れ込みたいものをここで投入します。

🔺超高濃度ビタミンCがぐんぐん浸透して美白効果や毛穴ケアに有効です。

🔺美肌菌(バリア機能の強化や肌の自己回復力をアップさせる菌)配合。肌の基礎から美肌を育てる美容液。

美容液をたっぷりとすっぴん肌に含ませたら、ここですかさずパックを投入。美容液をパックの力で肌にぐんぐんと吸い込ませます。パックで蓋をしてしまうため、蒸発による美容液の無駄を省くことができます。

さらにプロの技!毛穴の奥深くまで美容液を届けるためにスチーマーを導入!

さらに美容液を肌の奥まで浸透させたい場合はスチーマーとの併用をオススメします。パックが温められ、肌もほぐれることで毛穴が開き、美容液が肌の深層部まで行き渡ります。

🔺コンパクトで持ち運びも可能。出しっぱなしでも気にならないサイズなので毎日使う人にはオススメ

🔺クレンジングケアから温風&冷風のスペシャルケアがしたい人にはこちらがオススメ。

酵素洗顔や炭酸パックは今や薬局でもたくさんの種類が豊富に売られていますのでそちらもぜひチェックして見てください。オススメはこちら。

今流行りの酵素パックも自宅でできます。自分でマスクを作ってパックするという本格的なパック。その日の肌の状態に合わせて作ることができるので、まさにセルフエステ。プロにやってもらう値段の半額以下の値段で繰り返しお家で好きな時に使えるのがポイント。

毛穴吸引・オイルパック

毛穴吸引といえばエステでやってもらうべきことかと思うかも知れませんが、今や自宅で簡単にできる時代に。筆者もエステでやってもらう毛穴吸引と、自宅で自分で行う毛穴吸引、特に差はありませんでしたので、これもセルフで十分かと思います。ただ、自分の肌をやると欲が出すぎてしまい、もっともっとと際限なくやりすぎてしまうと、ニキビの原因や肌を痛めることになりますので、不安な人はプロに任せましょう。リーズナブルなものでも十分に効果があります。下の過去記事に詳しく書いてありますのでご参考に。

Mattオススメ毛穴吸引器でおうちで簡単毛穴ケアに挑戦してみたの記事を読む

リフトアップケア

エステで一番気持ちがよく感じるのはエステティシャンによるマッサージではないでしょうか。ただ、こちらも1回やってもらっただけでは気持ちが良いだけで継続しませんので、お家でもできるようになると良いでしょう。有名なのはこちら。

セルライトよ全て消えろ!!と、グイグイやってしまう気持ちはわかりますが(体験済み)その分筋肉が緩み、垂れさがりの原因に。こちらは血行をよくするという目的で、優しく肌の上で転がす程度がオススメです。逆に頭部や肩は気持ち良いくらいコロコロとすることで血行やコリがほぐれます。全身に使えますのでオススメです。

🔺こちらは最近美容家や芸能人の中で話題となっているのが「電気バリブラシ」。名前から聞いて素人が手を出していいものか悩むところですが、お値段する分効果も抜群。さらに肌に当てるだけという手軽さから、芸能人はこぞって買っているようです。田中みな実さんが出演する「BEAUTY THE BIBLE」という番組で紹介され、一時は品薄で手に入らないほどに。こちらがその商品です。

🔺こちらもオススメ

+α でインナーケア

こちらは確実にエステではやってくれない自分自身に委ねられるケアになりますので、取り入れる余裕のある人は取り入れてください。

これは自分では無理!プロに頼んで良かった2選

こんなにも美容器具などが一般にも普及し始め、もはやプロの手はいらないのでは・・・と思うかも知れませんが、どうしてもプロにしかできない美容もありました。これは本当にやってよかったと思うもので、そう思うのは割といい値段を払うけど、効果がしっかりと現れ、さらに長期間効果が持続しているもの。お値段の割にあう効果で大満足。自信を持ってオススメします。

脱毛(顔・背中)

顔の明るさを1ランクあげることが出来る手取り早い方法です。顔のうぶ毛を除去することで肌がワントーン明るくなり、化粧ノリもよくなります。うぶ毛を自分で処理する必要がなくなるため、カミソリで肌を傷つけることも無くなります。光脱毛よりも医療脱毛で半永久的に毛を生やさなくするのがオススメ。眉毛もヒゲも、医療脱毛を受けてからは一度も手入れせず保てています。筆者的には光脱毛よりオススメしたいです。

筆者は顔と脇6回で16万ほど払っていますので、今は安くなっていて羨ましいです。結婚式を理由に1度やってしまえば永遠に効果が続きます。

ハイフ(HIFU)

シワやたるみの改善を目的として今流行りのリフトアップ治療です。「高密度終点式超音波治療法」を意味し、超音波を高密度に集束させ、狙ったターゲット(たるみ・シワ)をピンポイントで加熱して熱変性を起こさせることで、たるみを解消させるというものですこれまで外科手術でしか解消できなかったSMAS層(筋膜層)と呼ばれる皮膚の土台のたるみ治療ですので、こちらは流石にプロの手に委ねるしかありません。リフトアップ効果・美肌効果・肌のハリ感アップが期待できます。エステ店の美容機器ハイフだと、出力が弱いことがありますので、こちらもオススメは美容外科やクリニックで受診することです。SMAS層の治療が出来るのは、医療機関のみだそうなのでご注意を。

まとめ

いかかでしたでしょうか?あらゆる美容器具が安価に一般の方でも手に入れることが出来るようになった今、エステを長年通ってみて思うのは、大体のことは自宅で出来ること、医療機関(美容外科やクリニック)でしかできない美容はプロにお願いすること。この2点かなと思います。しかし、もちろんお金を出してエステに通うことは肌を綺麗にするだけでなく、癒される・落ち着く・リラックスなど、別の効果も得られますので、自分に合った美容方法を探してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました